タンパク質過剰摂取の弊害

Hitsujidama > 健康 > タンパク質過剰摂取の弊害

タンパク質過剰摂取の弊害

タンパク質過剰摂取の弊害の1つがアレルギーです。

 

 

アミノ酸に分解されていない大きな分子のタンパク質(未消化タンパク質)

が、腸壁から吸収され、血液中に運ばれることがあります。

 

 

そうした未消化タンパク質が免疫系によって「異物(アレルゲン)」として認識されると、アレルギー反応が引き起こされます。

 

 

そして、かゆみや湿疹・腫れ・くしゃみなどの症状が現れるようになるのです。

 

 

アトピーや喘息には、こうした「食物アレルギー」が大きくかかわっています。

 

 

現代人が好む肉や牛乳・卵は、アレルゲンになりやすい食品です。

参考URL 川井式喘息改善プログラムの詳細

 

日本人はもともと穀菜食民族で、穀類や豆類・魚からタンパク質を摂ってきました。

 

 

それが短期間のうちに、大量の肉や牛乳を摂るようになったのですから、体はそれをうまく処理することができません。

 

 

高タンパク食品は、それ自体がアレルゲンになるとともに、腸管(腸壁)の透過性を高め、さらに未消化タンパク質を引き込んでしまうことになり

ます。

 

 

多くの現代人は動物性のタンパク質を多食することによって、腸壁のバリアー機能を弱らせています。

 

 

特に子供の場合は腸が十分に発達していないために、深刻なダメージを受けることになります。

 

 

こうしたことが繰り返され、腸の炎症やむくみ・下痢などが起こり、いっそうアレルギーがひどくなるのです。

 

 

最近、大腸炎やクローン病といわれ、腸の炎症や潰瘍・下痢などに苦しむ人々が増えていますが、動物性タンパク質の過剰摂取が、その大きな原因

となっています。